カテゴリー「お散歩」の記事

2020年2月 8日 (土)

蝋梅の咲くころ

昨夜ご近所さんと焼鳥の大吉で懇親を深めていたところ、写真好きのHさんから「牛越橋の蝋梅が満開ですよ」と教えていただいたので、お散歩にかり出されたのでした。

大崎八幡宮の階段をおりていきます。

Dscf0681-1280x1280

ここの蝋梅を観察して満開と教えてくれたHさんはスゴイ。

Dscf0715-1280x1280

蝋梅は枝の下に花をつけるので撮影は下からになります。

Dscf0689-1280x1280

小ぶりな感じ。

Dscf0700-1278x1280

広瀬川の堤防を走るランナー・・・友情出演の奥さん。

Dscf0720-1280x1279

犬と戯れる・・・犬に遊ばれている人たち。

Dscf0723-1279x1280

 

| コメント (0)

2020年1月27日 (月)

振休で路地探訪→耳鼻科の巻

今日はリーマン的にいえば振休(土曜日出勤の振替)。花粉症のシーズンを控え早めの耳鼻科受診。北山・通町・木町界隈の路地を探訪しながら北仙台まで。会社近くの某耳鼻科は数年前に廃業してしまい不便になりました。仙台浅草ではイヴォーグのオープンを見っけ。仙台でも・・・って思ったら東京ナンバーでした。

Kitayamarozi_20200127145001

 

Dscf0641-1280x1280

 

Dscf0658-1280x1278

 

Dscf0661-1280x1279_20200127144601

 

Dscf0666-1280x1280

 

Dscf0669-1280x1280

 

Dscf0671-1280x1280

 

| コメント (0)

2020年1月12日 (日)

八幡散歩

大崎八幡宮への初詣はお散歩を兼ねています。
国見小学校方面北西側にある交差点。松が枯れて道路側に傾いています。一昨年の台風でも被害があったんですけどね。
右側を歩いているのは友情出演の奥さんです。

Dscf0506-1280x1280

国見小学校西側の八幡住宅に入ります。「ギャラリービラコチャ 」さんで日向ぼっこしている猫ちゃん。「にゃーん」と返事してくれましたよ。
ところで、この「ギャラリービラコチャ」さんの詳細は不明です。

Dscf0508-1280x1279

ほど近い場所にある「盆栽」を飾っているお宅。壁には🎿も飾ってありますぞ・・・

Dscf0512-1280x853

大崎八幡宮の初詣を済ませて東側の住宅地内に分け入っていきます。というのは、このように車が通れない道路、急勾配、隅切のない狭い路地が沢山あるのです。

Dscf0542-1280x1280

文人風のお宅。庭木の手入れの状態から空き家と思われます。

Dscf0549-1279x1280

こちらは昨日UPした記事の仏車のあるハイカラなお宅。ストーブの煙が漂っています。

Dscf0556-1280x1280

 

| コメント (0)

2019年11月10日 (日)

再開した成瀬美術館

近所の成瀬美術館まで散歩。東日本大震災以後は休館していましたが今月より月3日間(11月は8日・9日・10日)再開することになりました。11時の開館時間とともに鑑賞してきました。

Dscf7008_2-1280x1280

Dscf0154-1280x1280

成瀬忠行さんの作品は宗教画、紀行画をはじめ、旅行先のコレクションも多数あって居心地のよい美術館です。今日は風はやや冷たいですが歩くのにはよいコンディションでした。

P先輩宅の垣根ですが何の花なのでしょうか。

Dscf7001-1280x1280

一の坂の踏切に向かって歩いていきます。こちらは花梨ですね。

Dscf7021-1280x1280

萩の花がかろうじて咲いていました。

Dscf0161-1280x1280

| コメント (0)

2019年1月14日 (月)

八幡町散歩

松焚祭前日の八幡町をブラブラ散歩してきました。

 

道中の八幡住宅で庭に誂えた盆栽を発見!何故か親近感を覚えます。

 

Dscf8245_2_1280x1280

 

忌中なのでお参りはせず御神籤をひきました。奥さんは大吉、ワタシは小吉。

 

Dscf8248_1280x1280

 

松焚祭の会場にはお正月飾りの門松・注連縄・松飾り、ダルマなどがうず高く積み上げられていました。

 

Dscf8254_1280x1280

 

これらを納める参拝の人々や車列が並んでいました。前日にしては珍しいです。

 

階段を下りて八幡町へ。ホヅミさんのディスプレーはどんと祭モードです。

 

Dscf8260_1221x1280

 

生協で用足し。その後はひたすら坂を登って我家にもどるのですが、「二人静」というカフェで一休みしてテクテクと歩きました。ブルーベリーのフレーバーコーヒーは香りもよく美味しかったですね。

 

Img_5865

 

ガードレールの段差下は四ツ谷用水です。

 

Dscf8262_1279x1280

 

小さな旅でした。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

銀杏ぷんぷん

『県庁前の銀杏並木』(11月3日の撮影)
青葉区民祭りでにぎわっておりました。
歩道には銀杏がたくさん落ちていてプンプンでした。

2_1024x683

『木町通り小学校南側の公園』(11月5日の撮影)
晩翠通りの北側はまだ葉っぱが青いのですが、北三番丁の銀杏はきれいに色づいていました。

1_1024x683

6_684x1024

4_1024x683

『西公園』
広瀬川、花壇自動車学校、ライオンズのタワーマンション、建設中のダイワハウスのマンション。七夕の花火はグッドポイントですね。

4_1024x683_2

C60の蒸気機関車と定禅寺通りのケヤキ。娘パート2さんはこの機関車に連れて来られたそうです。ワタシの記憶は曖昧なのですが・・・

9_1024x684

ケヤキや銀杏の紅葉が見頃です。写真右手の自転車のおじさんとご婦人は30分くらいこのままお喋りしていました。

14_1024x683

西公園のこけし。これは鉄製で相当昔からありますよ。

16_1024x683

雰囲気のいい中年のカップル。西公園のご近所の方でしょうか?

20_1024x683

しばらく紅葉の写真をご覧ください。

22_1024x683

31_1024x683

36_1024x683

40_1024x683

46_683x1024

47_683x1024

この一枚は12mmのレンズで撮影しました。

109_1024x683

『定禅寺通り』
メディアテーク前のケヤキ並木

8_1024x683

県民会館前のケヤキ並木

18_1024x683

国分町通り交差点の中央分離帯

23_1024x1024

フリマが開かれていました。中央の親子連れが楽しそう。

31_1024x1024_800x800

フラワーアレンジメントでしょうか。

33_683x1024

『勾当台通り』
県庁前の銀杏とケヤキ。建物は国の合同庁舎。

108_1024x683

青葉区役所付近のケヤキ。今日は暖かくてよいお散歩日和でした。

110_1024x683

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

大手町界隈

あいにくの雨模様です。クイーンズ駅伝(全日本実業団駅伝)をくぐりぬけて、大手町界隈をぶらぶら。ギャラリー ターンアラウンドさんで開催の写真展を観に出かけました。

1

駐車場近くをかるくぶらつきます。昭和の風景といった趣のあるお宅がありました。

Dscf2235_800x533

こちらの建物は伊達家伯(かはく)記念會です。http://datemasamune.com/index.htm

Dscf2236_533x800

一位の大木のあるお宅。円通院にも立派な一位がありましたが、こちらの一位も樹齢うん百年といったところだと思います。

Dscf2238_800x533

通り全体はこんな感じで、しっぽりと落ち着いています。

Dscf2240_800x533

現代的な建築物もありました。

Dscf2242_800x533

程なく歩くと広瀬川沿いの道路に降りていきます。まさにリバーサイドです。

Dscf2243_800x533

対岸の青葉山には伊達正宗の騎馬像がみえます。(分かりますか?。金平糖みたいに小さく写っています)

Dscf2244_533x800

下流側はこんな感じ。堤防にお社が見えました。

Dscf2245_800x533

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

国見・八幡のお散歩 その3

お散歩とはいっても昨日に続いて自転車ですね。

東北福祉大前駅から国見台病院東側の小径を通り、国見保育所をかすめて伊勢堂下へ。病院東側の小径ですが、お庭の柿の実がたわわに実っていますね。

Img_2697_800x800

この小径は本当に小径で、白いプリウスの先は人と自転車しか通り抜けできません。しかもこの先はいきなり階段になっています。

Img_2699_800x800

八幡には生協の二階にあるツタヤまでレンタルCDの返却でした。下のヤマトヤ書店も含めてぶらぶらすると、散在してしまうので、早々に引きあげました。ヤマトヤ書店は石巻にもありました。いや失礼、石巻が本店ですね。石巻でもよくお世話になりました。そういえば最後の事務所は元ヤマトヤの事務所だったような。

帰路は四ッ谷用水を散策してみます。まずは「江戸町」の辻。背後の建物には、エンドーチェーンが入っていたような記憶がありますよ。江戸町とは、坊主町の南、八幡町の北、石切町の西に当る。仙台開府の頃、江戸から招かれた棟梁黒瀬清四郎政則とその配下の大工衆が居住し、江戸から来た誇りから町名としたという。と刻んであります。

Img_2701_800x800

実はこの辻の南側が四ッ谷用水になっていて、今風の建物が建ったりして様変わりしています。

Img_2702_800x800

こちらのお宅は橋を渡して車庫にしちゃっています。

Img_2705_800x800

こちらは少し年代物のアパートです。二階へも一階へも戸口までの橋がかかっています。

Img_2706_800x800

ほどなく進むと、四ッ谷用水と市道に挟まれた奥行きのない建物があります。
NAGAYA APARTMENT HACHI という洒落たネーミング。

Img_2708_800x800

さらに進むと、瀬田谷不動尊(赤い鳥居)につながる橋がありました。

Img_2709_800x800

ここまで進むと、四ッ谷用水とへくり沢の交差部を経て、へくり沢の赤道に沿って北上することになります。

公務員アパートのフェンスに、あれれ、木の枝が残ったままです。フェンスを網をくぐって伸びた枝を切り落としたのでしょうが、網に食い込んでしまったのでしょうね。

Img_2711_800x800_2

見上げると、まさに秋の空でした。

Img_2712_800x800

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

広瀬川お散歩(自転車)

シートが被っていたを掃除して、タイヤのエアをチェックして、昨日歩いたお散歩コースの唸坂を下り、八幡町から澱橋、大橋を通って大手町。さらに評定河原橋、霊屋橋を通って米ヶ袋まで。実に片道で4回、往復で8回も広瀬川の橋を渡りました。

霊屋橋から評定河原橋の右岸にはパラペットのたもとに管理用通路があって、散策にはグッドです。一部階段がありは担ぐ必要があります。

Img_2678_800x800

偉そうに建っているウェスティンホテル。

Img_2680_800x800

評定河原橋から球場をのぞみます。この辺はまさにリバーサイド。

Img_2681_800x800

大橋から上流の地下鉄の橋(名前は広瀬橋?)仲ノ瀬をのぞみます。

Img_2688_800x800

Charlie号を買った自転車屋さんが写っています。広瀬川の条例か景観の条例か?ですが壁面がガラス張りになっているのです。そんなんだったら右側にドカンとたっている高層マンションはいかがなものでしょうか。

Img_2689_800x800

大橋を散歩する人。この辺を散歩するなんて憧れます。

Img_2690_800x800

12月に開通する地下鉄東西線の国際センター駅。隣の川内駅、大町西公園駅は目と鼻の先にあります。バス停の一駅と同じくらいしか離れていません。川内駅なんか、地下でホームがつながっているんじゃないかしら・・・。

Img_2691_800x800

ブラタモリで一躍有名?になった四ッ谷用水にたつ春日神社。

Img_2693_800x800

春日神社参道でのCharlie号。25年ものです。ワインだったら高く売れるか?

Img_2696_800x800

本日のオマケ。ミラーが三枚ある・・・

Img_2677_800x800

お尻の皮が厚くなったかな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

国見・八幡のお散歩 その2

水道管用地として管理用につくられた道ですが、国道48号とのつながりは、こんな感じになっています。

Dscf2676_800x533

ここにも「熊注意」の標識がありますね。ところで、この階段を上がったところには、売地がありましたよ。ブロック塀があるから、もともとは、誰かが住んでいたんでしょうかね。

Dscf2673_800x533

さて、この国見から八幡にかけた小路ですが、送水管の管理用ということもあり、市道なのですが、その名前が「茶屋町北裏通線」というのです。
茶屋町???、北裏通???。多分北裏通というのは、表の通りが国道48号で、この小路が北を通る裏通だったのでしょう。そうすると茶屋町とは、この辺りに茶屋町があったということですね。ネットでひろったのですが、

山上清水(さんじょうしみず) 伝説に、弘法大師が錫杖を突き立てたところに枯れることのない清水が湧き出たというのが名水・山上清水で、地名の起源ともなった。また、城下の西口にあたるこの地は人馬の往来で茶屋が栄え、茶屋町とも言われた。実際には市内を貫流する四ッ谷堰の源となる水路がある。

だそうです。

突然ですが、真四角の茶色い建物に遭遇しました。デザイナー系の整骨院???。以前に、○○○美大出身の方が整骨院を開業した・・・という記憶があるのですが、定かではありません。

Dscf2678_800x533

さらに西側に進むと、その四ッ谷用水がお出ましになります。四ッ谷用水とは、ブラタモリでも取り上げられた人気のスポット?なのですが、広瀬川から仙台市内に引水した用水のことで、四つの谷を横切っているので四ッ谷です。コンクリートに覆われた中を用水が通っているのですが、この下を写真左手の小さな滝から流れでる川が谷筋を形成しているわけです。

Dscf2679_800x387

さらに西側に向かうと国道48号は広瀬川に沿って蛇行を繰り返し、突き出た丘陵に「文殊菩薩堂」があります。

Dscf2706_800x582

昔はこの辺りの国道48号に小さなトンネルがあった記憶があります。

もうゴールが近くなってきました。「Bjrök Hemslöjden&café」です。木金土の週末だけ営業とのことです。

Dscf2695_800x337

結構歩いたつもりでしたが、我が家から9000歩程度でした。しかし汗だくで、会社まで冷房の効いたバスに乗り、体をブレークダウンしました。

最後は大学病院にあった曼珠沙華。

Dscf2711_800x533

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧