« 令和の大型連休もおわり | トップページ | 天童の「やま竹」 »

2019年5月11日 (土)

子平町「千田家のフジ」

子平町の「千田家のフジ」をみてきました。昨年より一週間から十日ほど遅い開花のようです。
以下、仙台市HPより
子平町の藤は,仙台藩初代藩主伊達政宗が,朝鮮出兵に際して文禄2年(1593)に朝鮮半島から持ち帰ったものを,所有者である千田家の先祖が拝領したと伝えられる。
江戸後期の文献からも, 当時の町名である「半子町(はんこまち)の藤」として知られていたことが伺える。半子町は,仙台開府時に旗本足軽が配された地域の町名であり,藩に謹仕した代々の千田家も,以来当地に居住していると伝える。判子町は昭和42年(1967)の住居表示制の実施により,子平町と町名変更された。

Dscf8830

Dscf8839

Dscf8851

 

« 令和の大型連休もおわり | トップページ | 天童の「やま竹」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和の大型連休もおわり | トップページ | 天童の「やま竹」 »