« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月28日 (火)

真夏日の東京出張

今週は北海道で39℃になったり異常気象という概念を超えた現象が多くなってきました。
さらに今日は川崎市で痛ましい事故が起きました。
何か世の中がそれこそ異常になっています。

昨日は仙台も30℃を超える真夏日でしたが、炎天下の東京出張はこたえます。
それでも東京駅⇔有楽町駅は地下道があるのでまだ助かります。
少し早い時間に(といっても16時)ミッションが終了したので、娘パート2さんを呼んで、一緒に夕食をとりました。
待ち合わせの時間まで3時間ほどあったので、有楽町から三菱一号館美術館、KITTEとぶらぶら暇をつぶしました。

娘パート2さんは代々木公園近くに勤務先があって、地下鉄で30分以内に待ち合わせのKITTEまで来れるのでした。便利ですね。
2時間程度付き合ってもらって、最終のはやぶさで帰りました。はやぶさが上野駅近くを通過すると、家に着いたとラインがきました。やはり東京は便利!

こちらは、ビール→日高見(石巻の日本酒)→ハイボールでほろ酔いを過ぎた状態でした。

Dsc04109_2-1280x1278

Dsc04111_2-1280x1280

Dsc04112_2-1280x1274

Dsc04126_2-1280x1276

Dsc04164_2-1280x840

| コメント (0)

2019年5月25日 (土)

Wedding

姪のHさんの結婚式でした。
朝ドラ風にいえば
「はるよ、幸せになるんだぞ。永久に続けよ。」
っておちゃらけになりましたが、
「結婚おめでとう。みなで二人の門出を祝福できて嬉しいです。末永くお幸せに。」

Dsc03853

| コメント (0)

2019年5月18日 (土)

三連休

GW十連休から二週間も経っていませんが、三連休中日は岩沼の「はなとぴあ」で開催中の盆栽「宮城連合展」まで。

Dscf8929-1280x855

お隣の金蛇神社では牡丹をみたりフジをみたり。

Dscf8947-1280x1280

Dscf8962-1280x854

ちょうど昼時になって、これまたお隣の「麺組」も、少し離れた「萬之助」もいっぱいで、閖上の「かわまちてらす」まで。名取川の川面は優しく揺れていました。ここで「笑夢」さんのカレーにありつけました。

Dscf8980-1280x853

Dscf8991-1280x1280

Dscf8987-1279x1280

Img_6049-1280x1280

| コメント (0)

2019年5月12日 (日)

天童の「やま竹」

久しぶりに天童の「やま竹」。
一番のりを目指して行きましたが、10時45分着で既に10人まち。久しぶりなのに食べるのは決まって「鴨せいろ」。
仙台と違ってすっかり初夏の陽気でした。
帰路はいつもの腰掛庵と盆栽店。モンテディオの試合があってスタジアム周辺で渋滞に巻き込まれました。

Dscf8894-1280x1278

Dscf8896-1278x1280

定番の「鴨せいろ」プラス「アスパラ・細竹・ほたての天ぷら」(写真なしです)。

Dscf8898-1280x1280

食事を済ませると店内と店外にお待ちの行列が・・・

Dscf8902-1280x1280

舞鶴山からみた月山。まだまだ雪山です。

Dscf8904-1277x1280

| コメント (0)

2019年5月11日 (土)

子平町「千田家のフジ」

子平町の「千田家のフジ」をみてきました。昨年より一週間から十日ほど遅い開花のようです。
以下、仙台市HPより
子平町の藤は,仙台藩初代藩主伊達政宗が,朝鮮出兵に際して文禄2年(1593)に朝鮮半島から持ち帰ったものを,所有者である千田家の先祖が拝領したと伝えられる。
江戸後期の文献からも, 当時の町名である「半子町(はんこまち)の藤」として知られていたことが伺える。半子町は,仙台開府時に旗本足軽が配された地域の町名であり,藩に謹仕した代々の千田家も,以来当地に居住していると伝える。判子町は昭和42年(1967)の住居表示制の実施により,子平町と町名変更された。

Dscf8830

Dscf8839

Dscf8851

 

| コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

令和の大型連休もおわり

令和になってお天気が続いておりましたが、午後から雷雲たちこめアッという間に八重桜を散らしていきました。
二枚目のピンク色はライラック、三枚目の若葉は柿の新芽。

Dscf8828-1280x1280

Dscf8805-1279x1280

Dscf8810-1278x1280

 

| コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

「令和元年」

新たな「令和」の幕開けを祝して

Img_6024_2-1280x955

| コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »