« 宮崎観光 (3月15日) | トップページ | 我们家的红色和白色的梅花 »

2017年3月20日 (月)

宮崎観光 (3月16日)

宮崎→伊丹→仙台 (同じCAさん、機体は737-800で快適)

青島観光の後、宮崎を離れます。先ずは青島海岸。鬼の洗濯岩ですね。昭和40年代の新婚旅行のメッカです。ご同行の中にも訪れたことのある人がチラホラ。

堀切峠/道の駅フェニックス
眼下に広がる太平洋、海岸線に続く波状岩、フェニックス並木など、日南海岸随一の雄大な景観が展望できます。

Dscf5027_1024x1024

Dscf5029_1024x1024

「明日葉」と「えび」のソフトクリームはいかがなもんざんしょ。

Img_3678_1022x1024

続いて青島・青島神社。

青島
青島は奇岩「鬼の洗濯板」が島を囲む、周囲1.5kmほどの小さな島です。
青島海水浴場とは「弥生橋」でつながっています。島内にはビロウジュをはじめ、亜熱帯性植物も多く茂っています。
種子植物の自生および栽培品併せて74科174種2亜種5品種計209種、これにシダ植物17種を加えた226種が島内にあります。(写真は青島ではありません)

Dscf5037_1024x1024

青島神社
青島の中にある神社で、縁結びの社として知られています。
日向七福神のひとつで、琵琶を抱いた美しい弁天像があります(事前予約で拝観することができます)。
祭神/ヒコホホデミノミコト(山幸彦)、トヨタマヒメ(豊玉姫、山幸彦の妻、海神の娘)、シオツチノオキナ(塩土の翁)。

東南アジアから輸入したという軽三輪。100万円だそうです。

Dscf5054_1024x1024

宮交ボタニックガーデン青島(県立青島亜熱帯植物園)
いつ訪れても、色とりどりのブーゲンビリアと四季折々の華やかな花々が彩る大温室にリニューアルします。
青島亜熱帯植物園と姉妹植物園であるシンガポール植物園を紹介するコーナーを設け、寄贈されたシンガポールの国花や貴重なランなどを展示するとともに、シンガポールのシンボルであるマーライオンの像を設置しています。

Dscf5062_1024x1024

ふ~ん、県立ねぇ。

Dscf5066_1024x1024

宮崎→伊丹のairplaneだけ窓際になりました。FBにも掲載しましたが「太陽の塔を探してください」とコメントしたら、拡大して「ここ」と返してくれた御仁がおりました。

Dscf5082_1024x1024

これで楽しい視察はおしまい。

« 宮崎観光 (3月15日) | トップページ | 我们家的红色和白色的梅花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213122/65042110

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎観光 (3月16日):

« 宮崎観光 (3月15日) | トップページ | 我们家的红色和白色的梅花 »